• 仕事の質を高めるイヤホン

    オフィスの音環境が変われば、仕事のクオリティも上がる。

  • 実はうるさい日本のオフィス

    フランスのオフィス環境基準(afnor)と日本の基準(日本建築学会)の比較。

    フランスのオフィス環境基準では、一般的なオープンスペースのオフィスの基準が40-45dB。

    これは日本のオフィスの応接室の静けさと同等です。

     

    一方、日本のオフィスの音環境基準は50-55dB。

    これは、フランスのオフィスのガヤガヤとしたパブリックスペースに相当します。

     

    オフィス環境の快適さへの要求が強く、静けさに敏感な、フランスのオフィスワーカーのために開発されたのがTILDEです。

  • 残業なし、有給消化100%、長期休暇もしっかり取る

     

    そんなフランス、実は世界の「労働生産性ランキング」で

    ドイツや北欧諸国を上回る7位(日本は22位)

     

    勤務時間中の集中度を高めて、生産性を上げる。

    毎日の仕事の生産性が上がれば、仕事が早く終わりプライベートの時間を楽しめる。

    平日でもしっかりリフレッシュして、翌日の生産性も高く、仕事の質も高くなる。

     

    こんな好循環を生み出すデバイスとして、TILDEは注目されています。

  • フランス大手企業が続々とTILDEを採用

    社員の生産性の向上や騒音ストレス低減、オフィスの音環境改善の切り札としてTILDEが選ばれています。

  • TILDEで生産性UPの効果を体感していただけます。

    チームや部署単位でお試しいただけるデモ機を準備しております。

    お気軽にお問い合わせください。

All Posts
×