• CUSTOMER SUPPORT

     

     

     

     

  • TILDEのノイズキャンセル効果を実感しよう

    TILDEのパワフルなノイズキャンセル効果を最大限発揮するためには、耳とイヤホンとの密着感が重要です。また、快適に長時間ご使用いただくためにも、正しいサイズのイヤーチップを選び、正しくイヤホンを耳に装着することが大切です。耳にフィットするイヤーチップを選んだら、TILDEと一緒に街に出てみましょう。交通の激しい雑踏や、混み合うカフェ、電車の中など、TILDEのノイズキャンセル効果をはっきりと実感できるはずです。

    正しいサイズのイヤーチップの選び方

    TILDEには、2種類の異なる素材(シリコンと低反発ウレタンフォーム)のイヤーチップに、それぞれ3つの異なるサイズ(S,M,L)が同梱されています。 イヤーチップと耳との密着感が大変重要で、小さすぎても、大きすぎても、音漏れや思わぬイヤホンの落下、耳の不快感に繋がります。異なるサイズ、素材を試してみましょう。ウレタンフォームのイヤーチップは、耳栓のように指で細く潰してから装着してください。

    イヤホンの装着方法

    イヤホンを耳に正しく装着するために、耳穴にイヤホンを挿入したらイヤホンを前後に動かしましょう。ケーブルが下向きに耳たぶの前に下りてくる位置が、正しい装着となります。

    ノイズキャンセルの効き目をコントロール

    右手元のスライダーでノイズキャンセルの効き目を自由にコントロールしてみましょう。スライダーが上にある状態はノイズキャンセルOFF。周囲の音がイヤホンを通じて聞こえている状態です。スライダーを下に落としていくにつれて周囲のノイズが減っていき、下端でノイズキャンセルの効果が最大となり、最大で-30dBのノイズキャンセル効果が得られます。-30dBは、ガヤガヤしたうるさいオフィス空間と応接室ほどの違いとなります。

     

    スライダーを下まで落として静けさの中で集中作業、スライダーを中間まで戻して周囲の音を適度に取り入れつつリラックスして作業など、仕事のモードとその時の気分で、自分の快適なノイズキャンセルレベルを選んでみましょう。

     

    トークインノイズ

    ノイズキャンセル機能を使って集中して作業をしていても、同僚に話しかけられることもありますよね。そこで

    イヤホンを取ってしまうと、集中が途切れてしまいます。そんな時は、右側コントロール部内側の”トークインノイズ”ボタンを押しましょう。周囲の騒音はキャンセルしながら、自分の正面60度の音をクリアに耳に届けます。

     

    トークインノイズ使用中は、スライダーで正面の人の声の大きさを調節することが可能です。スライダーを下げれば正面の人の声は小さくなり、スライダーを上げれば、声は大きくなります。

     

    ”トークインノイズ”ボタンをもう一度押せば、ノイズキャンセルに戻ります。音楽再生中にトークインノイズを使用すると、音楽は一時停止され、トークインノイズを終了するとまた音楽再生に自動的に戻ります。

    Bluetoothペアリング

    TILDEは、パソコン、スマートフォン、タブレットなどと接続し、音声通話や音楽を楽しむことが可能です。Bluetooth機器2台と同時接続が可能ですので、スマートフォンでの通話からパソコンでのWeb会議へスムースに移行できます。ノイズキャンセル機能は、Bluetooth接続をしなくても使用可能です。

     

    最初に接続する際は、右操作部内側の"トークインノイズ"ボタンを3秒間長押しします。LEDがオレンジ色に点滅したらペアリングの準備完了です。スマートフォンやパソコンのBluetooth設定から"Orosound TILDE"をクリック。

    LEDの色が緑に変わり、自動的に接続が完了します。

    通話・音楽・ボイスコントロール

    TILDEの左操作部の各ボタンで、Bluetooth接続されている機器のコントロールが可能です。音楽再生時は、+/-ボタンで音量コントロール、センターボタンで再生、停止。+/-ボタンの長押し(1秒)で、次の曲、前の曲への移動。

    通話時は、+/-ボタンで通話音量コントロール、センターボタンで通話開始。センターボタン長押しで通話開終了。

     

    TILDEは、SiriやGoogle Assistantなど音声アシスタントにも対応しています。センターボタンを長押し(1秒)で、音声アシスタントが起動しますので、そのままTILDEを通じて会話をしてください。

All Posts
×